1歩1歩、確かめるように。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
         

タイプというものは、ある個人を捉えることができない。個人は、ただ個人があるだけ

ある特定の個人を書こうと思って書き始めると、いつの間にか、一つのタイプを創り出していることに気がつくが、反対にあるタイプの人間像を描き出そうとすると、できあがったものは、無というか空というか、何一つ創り出されていないことに気がつく。(省略…

傘、持って行かれるの巻、そして少し道徳の話

2日前の朝、雨が降っていたので、コンビニで590円のビニール傘を買った。今思えば、その際レジの対応をしてくれた、そのコンビニの店長にも見えなくもない50歳程度のオジサンは、実は未来を予測できてしまう特殊能力者エスパー・オジサンで、間もなく起こる…

「切れない」人間関係、「切れる」人間関係

今から8年程前に、NHK衛星第2テレビ、つまりBS2で、「ザ☆ネットスター」という番組がやっていた。この番組は、インターネット上にあるコンテンツを紹介したり、そのコンテンツを出演者同士で語り合うというバラエティ番組で、MCに立川談笑、喜屋武ちあき、そ…

特段オザケンに限った話ではないし、藤井隆の「ナンダカンダ」でも構わないが、なにかを好きになる時、人は既になにかを妄信しているという話

小沢健二の新曲リリースや、メディアへの露出などのニュースを聞いて、僕も多少は心が動いたりする。だからと言って、僕は20年程前の、「渋谷系」という言葉で括られ、甘いルックス、インテリ、人を食ったような態度などの要素も相まって人気を博し、「王子…

「黄昏れる」ということ-儚さと時間について-

「黄昏れる」 この言葉を聞いた時、僕もそうだが、「もの思いに耽る」、「感傷に浸る」のようなイメージを持ったり、または使用してはいないだろうか。この言葉の本来の意味は、 1.日が暮れて薄暗くなる 「空が黄昏れる」 2.盛りを過ぎて衰える 「黄昏れて生…

人は生存しているだけで必ずある「立場」を取ってしまう、という話

人は生存しているだけで、必然的にある立場を取っている。 ・例えば、赤ん坊であれば、一人ではなにもできないので、他者からの援助を必要とし、そして、いつでも泣くことを許されている。そのような赤ん坊の立場。 ・裕福な家庭の中で育ち、要求すればなに…

「清水富美加」関連のこと-真実には辿り着けない-

清水富美加さんのことで、メディアは連日騒ぎ、扇情的な放送をしている。だから僕もそれにあやかって、記事を書かせてもらう。 恐らくこのような記事を書く時は、結論を書かず、その内容の趣旨から少し外れた事柄について書くことが得策のように思われる。と…

人は何のために生きるのか?-人生に意味や目的などないことを論理的に考える-

誰しも一度は、「自分は何のために生きているのだろう?」とか、「人生に意味はあるのだろうか?」などという、極めて漠然とした、そして壮大とも思える問いが頭によぎったことがあると思う。僕自身、何度もある。自分に理不尽と思える出来事が降りかかって…

周りがスマホに目を落としている人間ばかりの場合ぞっとする、という話から村上春樹の話まで

電車の中でふと気付くと、乗客のほとんどがスマホに目を落としている時があり、その光景を目にするとぞっとする。これを、乗客が手にしているものを文庫本や新書本、あるいはハードカバーの書籍に変えてみれば、たちまち、みんな勤勉だなー。と感心させられ…

自分に自信が持てない以前の問題、そして話は人間原理へ

●僕という前提の成立① 別に奇を衒ってるわけではないのだが(いや、冒頭にこれを持ってくるあたり、全くそうとも言い切れないか)、実は、僕は小学校6年生くらいまで、自分が人間であることに自信が持てないでいた(どうかブラウザバックしないでほしい)。…

有村架純を直視できない-全員が演技している世の中で-

1.気違いじみたドン引きな書き出し 僕は最近、あの有村架純こと、アリカスを直視できないでいる。映像に映る画面越しのアリカスは、僕が意識していることに気づいている様子はない。ただ、自動販売機を住処とするアリカスは、僕が意識していることにあたかも…

感情は伝染るんです。

1.僕の習性 僕はなにやら自意識過剰なようで、人混みを歩く際は気をつけてないと眼光が鋭くなってしまう。なるべくニュートラルな表情を浮かべるよう努めてはいるものの、その内、もう外界のことなど知るもんか、オレはオレでやらせてもらう、といった中2病…

SNSで他人の投稿に関して半数程度がイライラしているという記事を読んで思ったこと

SNSに関するアンケートをロシアの情報セキュリティー会社が日本を含む世界18ヵ国で行った。その中でも、日本で回収した1000人分のアンケート結果の内、SNSで嫌になった理由で、「他人が自分より良い人生を送っていることを知った」が54%で最多だった。つま…

実存は本質に先立つ-それらを言葉を使って自覚することの重要性

私は他人にとってキモチワルい。だからうまいこと、行ってない。それは、とても分かりやすい公式だった。 これは、家入一馬(2014年東京都知事選に立候補し、インターネットを利用し支持者を集めた若手企業家。この時は舛添要一氏が当選した)さんが発案し出…

「分かり合えない」ということを、「分かり合う」ということ

ある動画内で、芸能界関係者の知り合いがいるという女性(漫画家らしいが)が、とある業界裏の暴露話をしていた。僕はその話を、へぇーそうなんだ。と、素直に受け入れていた。その話を友人にしたところ、「その話をそんな簡単に信じんのかよ」と言われた。…

「言葉」という頼りないものへの依存、そして「洗脳」について

歩を進めている際、道が交差する場所において、脇から車が現れ、歩行を促すために待機しているその車を横目に小走りで道を渡る際、どんなに粋がっていてもこうやって社会の大きな波に流されて(または呑まれて)しまうんだとメタファー的に思ってしまう今日…

「優しい」という言葉

優しい・・・1.親切で、温かみや思いやりがある。(◎優しい気持ちで人に接する) 2.素直でおとなしい 3.穏やかで柔らかい 「ベネッセ表現読解国語辞典(2004年初版第7刷)」より 僕は「優しさ」とか、「優しい」といった言葉がなにを意味しているのか分から…

隣の芝生が青く見えたところで、気にしなければいい

今回の記事も、電車周りのマナーに関する内容になってしまうのは、やはり電車内及び同周辺というのは、人間の本質のようなものが露呈しやすい(そしてそれを目撃しやすい)環境となっているからなのだろうか。他者に見られている(公共性)にも関わらず、我…

苦虫を噛み潰したような顔の人が、苦虫に見える

予告篇だけ観れば大体全容がわかってしまう映画のように、本記事タイトルを読めば今回の記事内容は大体分かってしまう懸念を冒頭で暴露するという試みが、奇を衒ってないといったら嘘になる(聖なる夜に嘘などつけないだろう。まあ正直どうでもよいが)。そ…

例えば電車内でのマナーのこと~車内は不可解さのオンパレード~

先日のラジオ「スカイロケットカンパニー(TOKYOFM)」で、パーソナリティが、「なんで電車内での携帯電話は不快に感じるのに、同じ車内での乗客同士の会話は同じように不快に感じないのか」というような疑問に対し、とあるリスナーからのリアクションで、「…

傘がない〜エンドレス・アンブレラ〜

井上陽水の話しではない。いや、もしかしたら遠い先祖のように、どこかでぶつかっているのかもしれない。 雨が降ったら色々な場所に傘立てが出現する。その場所に入るために、さしていた傘を傘立てに入れ、そして中に入る。暫くしてその場所を出ようと、傘立…

価値と関係

この前友人が、小説を読んでいるとその作家の顔が気になり、その顔が自分のタイプの顔でないとその作品自体の興味を失くすという旨のことを言っていた。また別の機会では、武井壮好きの僕による、武井壮の魅力を友人に語っていたところ、「あの人・・・なん…

ハリガネムシ-僕らは宿主か-

僕は昔、道端で、元気よく蠢(うごめ)いている、もしくは苦しくてのたうち回っているとも見てとれる、ミミズのような生物に遭遇した。そしてそのすぐ近くに、カマキリの死骸があった。発見当時は、その因果関係を知らなかったため、独立した問題だろうと、…

言語化できない場所から見た、ちっぽけな世界

1.小人閑居して不善をなす ことわざで冒頭を始めたわけだが、それは、なんとかこの記事に格好、箔(はく)、説得力、これらを付かせる(付与)効果を期待してのことである。 「小人閑居して不善をなす」、僕はたいていある条件が整った時にこのことわざを想…

それは起こりうる

1.実験的な書き出し 僕は想像する。宇宙の片隅で、その深遠、そして深淵なる暗い場所にスーッと、一本の筋状の切れ目が入ることを。そしてその切れ目を拡げるべく骨ばった大きな手が現れるのを。「ということは」と、その刹那、僕は経験則に基づき推測する。…

体育会系な面も見せてくれるブックオフ

1.長めの前置き 誤解のないように前置きしておくが、これは、ブックオフを批判するものでも、そこで働く店員さんを批判するものでもない。(どうして一所懸命に働く店員さんを批判することができようか)出会ったばかりの知識を、誰かに衒学(げんがく)的に…

ピコ太郎、そしてピコ魔王

先日(と言っても3週間程前になるが)、10月28日に行われた、ピコ太郎の「日本外国特派員協会」での会見を観て、なにか新しい風が吹いたような、既存のものをぶっ壊す期待感やわくわく感を抱いた。(これは先のアメリカ大統領選も似たようなメカニズム、つま…

未知との遭遇

先日、電車内の通路を見たことのない奇妙な虫が這っていた。座っていた僕の前を我関せず無機的に通過していき、向かいに座っていた男性も、その虫が視界に闖入してきたのに気付き、腰を上げてその虫を瞠(みは)るように目で追っていた。僕は視界的画角から…

脚色が過ぎる

先日、家の近所の蕎麦屋でざる蕎麦を食べた。町の古くからある蕎麦屋の常として、夜は飲み屋と化す店が多い。ご多分に漏れず僕が行った店もそうだった。その店は、外から中の様子が見えればいいのだが、窓に謎の暖簾(のれん)が掛かっており、少しの隙間し…

檸檬のころ

荷物をたくさん携えながら不恰好に全速力で駆ける冴えなそうな青年。それを見て冷ややかに嘲笑する女子高生達や若いサラリーマン達。各人が自分を世界の中心と考えるならば、嘲笑した奴らは間違いなく彼を世界の端っこに位置付けるだろう。 そんな目立ち方し…

日本文化

海外からの観光客を街中で見かけるのは珍しくない。そして、その海外の観光客が、日本に溶け込もうとしている光景を見るのも珍しくない。以前僕は電車に乗っている時、ハートフルな場面に立ち会った。電車内は空いており、僕は長座席の端に座ることができて…

義を見て為ざるは勇なきなり

僕は昔、道端に倒れている自転車の前を通り過ぎると、罪悪感に囚われたりした。「自転車を起こさなければならない」と、強迫観念的に思いながら通り過ぎているからだ。だから、なるべく倒れている自転車を起こすよう努めていた。この話を他人にすると、「偉…

牛乳をこぼしたら、すぐに謝ったほうがいい。

自ら招いた過失に対して、直ちに原因が自分であると反省できる人は少ないと思う。自分のことが大好きなのか、というより、「自分である」という必要最低限のプライドに反応しているからなのか、大抵の人間の場合、まず第一にやってしまうことは、自分を擁護…

既読、未読、無気読スル―

パンツ一丁上裸を天井に向けて寝る晩から、毛布一枚上裸の首元まで上げて寝る晩に移行してから数日経った、そんな季節の移ろいを身をもって感じ始めた初秋。3ヶ月連絡つかずの友達に送った、「明日空いてる?」のLINEに既読が付いた。 自分の性格とか、…